斜視とは

左右の視線が同じ固視点に向かない眼位の異常

斜視の原因には種々の因子がありますが、その中でも最も重要な因子は両眼視機能障害です。両眼視機能は生後の視力発達とともに完成されています。
しかし、発達途中になんらかの原因で両眼視機能が阻害されると、斜視になります。
斜視の画像

両眼視機能の発達を阻害する因子は

  1. 感覚系の異常:
    左右の目の視力が同じではない、屈折異常、不同視、角膜混濁、先天性白内障、網膜視路の異常など
  2. 眼球運動系の異常:
    眼球を動かす神経の麻痺、眼球の位置異常、眼筋の付着部の異常など
  3. 中枢の統合系の異常:
    脳性麻痺、精神発達遅延など

斜視の種類

斜視には、時々斜視になる「間歇性斜視」、常に斜視になっている「恒常性斜視」があります。

ずれた眼球の位置による分類

  1. 内斜視:目が内側によっている
    内斜視の写真
  2. 外斜視:目が外側に向いている
    外斜視の写真
  3. 上または下斜視:目が上、または下に向いている(上下斜視は内または外斜視を伴なうことが多い)

斜視の治療

強い遠視が原因で生じた調節性内斜視の場合はメガネ使用で治ります。
しかし、その他の斜視の治療には手術をしなければ良くなりませんが、斜視が軽度の場合プリズムで矯正できる場合もあります。

調節性内斜視:メガネ使用で眼位が改善されます

  • 使用前
    メガネ使用前の画像
  • 使用後
    メガネ使用後の画像

両眼視機能の発達は視力の発達とともに、6歳で完了するため、斜視の治療は早期発見、早期治療が必要です。

斜視の検査の写真

続きを読む

言語の選択 »