白内障とは

白内障とは、水晶体が濁ってしまう病気

白内障画像

目の中のレンズは「水晶体」といい、水晶体は、透明な組織で外から入ってきた光を透過し、網膜にピント合わせをします。しかし、その水晶体が濁ってきたために、光が散乱し、網膜にうまく像が結べず、ものがかすんで見えます。

白内障の原因は、一般には老化現象で、老人性白内障と呼ばれます。老人性白内障は早い人では40代から、80代では大部分の人に発見されます。その他、少ないが先天性によるもの、外傷によるもの、アトピーによるもの、薬物、放射線によるもの、目の病気によるものなどで生じることがあります。

白内障の症状

ごく初期ではあまり自覚症状がありません。
しかし進行するに従って、視力低下、目のかすみ、まぶしさなどを自覚します。

白内障の治療

白内障は、軽いうちは点眼薬によってその進行を遅らせることができる場合もありますが、進行を完全に止めることはできません。
残念ながら、進行した白内障の治療は、手術以外はありません。

白内障手術の時期

  1. 視力が低下して仕事に支障がある。
  2. 外ではまぶしくて極端に見えづらい。
  3. 視力が0.7以下となり、運転免許の更新ができない 。

これらの条件に一つでもあれば、手術を受けましょう。

しかし、目を使う仕事をされている方は、少しの白内障でも仕事や生活に支障をきたすこともあります。日常生活に不便を感じたときは、白内障手術によって見え方が改善する可能性がありますので、ご相談下さい。

白内障の手術とは

白内障の手術は、濁った水晶体を取り除き、かわりに眼内レンズを挿入する手術です。眼内にレンズを入れることによって、術後早期に視力が回復できます。
手術は水晶体超音波乳化吸引法という方法で2.6~2.8mmの切開で、濁った水晶体の中身だけを吸引し、水晶体嚢(水晶体の膜)の中に吸引した水晶体の代わりに小さく折りたたんだ眼内レンズを挿入して行ないます。

白内障手術内容の画像

白内障手術の前後の比較写真

当院は日帰りの白内障手術を最新・最高品質で実施しております。

  • 白内障手術が必要な方は、診断を受けてから、1ヶ月以内に手術を受けていただくことを目標にしています。
    (特殊な眼内レンズを使用する場合や時期によっては、お時間がかかることもあります)
  • 当院では白内障手術は一般的に単焦点眼内レンズを使用し、乱視がある場合は乱視矯正眼内レンズを使用しています。
  • 遠くと近くのどちらにもピントを合わせることができる、多焦点眼内レンズの使用も可能です。多焦点眼内レンズは保険適用外となっており、単焦点眼内レンズより高額となります。

当院の手術実績はこちらからご覧いただけます

続きを読む

言語の選択 »